氏名 安達勝利
  呼吸器外科医長
卒年度 平成元年
認定等

日本呼吸器外科学会専門医
日本呼吸器外科学会評議員

日本外科学会専門医

三重大学医学部臨床講師

医学博士

氏名 樽川智人
  呼吸器外科医師
卒年度 平成11年
認定等 日本呼吸器外科学会専門医
日本外科学会専門医



原発性肺癌

臨床病期I期から一部のIIIA期までの肺癌に対し手術を行います。

手術は腫瘍(癌)のある肺葉を切除しその所属リンパ節を切除する術式

(肺葉切除術+リンパ節郭清術)を基本としております。

腫瘍が小さい場合には肺区域切除術や肺部分切除術を行います。

症例に応じて完全鏡視下、 胸腔鏡補助下(Hybrid VATS)、 開胸下に行っていますが、手術による傷口の大きさは写真の様な違いがあります。

手術後約2週間で退院が可能です。

完全鏡視下手術

胸腔鏡補助下手術
(Hybrid VATS)

開胸下手術

転移性肺癌

完全鏡視下、もしくは胸腔鏡補助下に肺部分切除で摘除することを基本にしています。 腫瘍が大きい場合には、肺葉切除術+リンパ節郭清術を行います。

良性肺腫瘍(肺過誤腫など)
完全鏡視下、もしくは胸腔鏡補助下に肺部分切除術を基本にしています。
嚢胞性疾患

自然気胸

完全鏡視下に肺にできた弱い部分(ブラ・ブレブ)を切除して気漏を止めることを基本にしています。

原発性気胸(若年性気胸など)に対しては完全鏡視下に肺部分切除術を行い、再発防止目的にPGAシートや酸化セルロース等による補強を標準的に施行しています。

手術後約3日間で退院可能です。

     

続発性気胸(肺気腫に起因する気胸など)に対しては、完全鏡視下に肺部分切除術を基本としていますが、症例に応じて(癒着高度例など)小開胸を加え行っています。

  

難治性気胸(高齢者、全身状態不良例などで手術が困難な場合)に対しては、気管支充填術(EWS)や胸膜癒着術を行い治療しています。

巨大気腫性肺嚢胞

開胸下に嚢胞切除(肺容量減少手術)を行っています。
 
縦隔腫瘍(胸腺腫など)

胸骨正中切開(胸骨を縦に切開し胸を開く)で腫瘍を摘出します。

腫瘍が小さい場合や、 縦隔の左右どちらかに偏在している場合は、胸腔鏡補助下に腫瘍を摘出しています。

悪性胸膜中皮腫(アスベストが主な原因で発生する腫瘍)

呼吸器内科、放射線科とカンファレンスを行い、手術が可能な症例に関しては胸膜肺全摘術を行っています。

感染症(膿胸、結核など)

難治性(内服治療に抵抗性)の結核や非結核性抗酸菌症、肺真菌症に対し、切除術

(肺葉切除術など)や肺剝皮術を施行しています。

内科治療(胸腔ドレナージ、胸腔洗浄など)に抵抗性の膿胸に対しては開窓術、胸郭成形術などを行っています。

びまん性肺疾患(間質性肺炎など)

呼吸器内科と相談し確定診断および治療方針決定のために胸腔鏡による肺生検を行っています。




 肺癌病理病期別に見た手術後生存率曲線


外来受診についてのお問い合せ先

担当 医事課
TEL:059-259-1211(代表) FAX:059-256-2651

お問い合せフォームはこちら

PageTop